10Gamers 10Lives

東京のゲーマーであるAwyllaのeSportsブログです。夢は静かな森の中でゲームすること。

EVE Online 採掘道[採掘艦に乗る]

(更新:2021/06/30)

 こんにちは、Awylla(アウィラ)です!

 NEW EDENで[ベンチャー]に乗り始めた初心者でも、2週間くらい本気で頑張れば採掘艦に乗れるようになりますね。採掘艦に乗り始めるといよいよ採掘屋の端くれと言っても過言ではありません。

 今回は3種の採掘艦[レトリーバー(Retriever)], [プロキュアラー(Procurer)], [コベトアー(Covetor)]について紹介します。

 この記事は採掘道シリーズの1つです。

 

採掘艦とは

 採掘艦は文字通り採掘が出来る艦船で、[レトリーバー], [プロキュアラー], [コベトアー]の3種を指します。3種それぞれに特徴が異なるので利用シーンに合わせて使い分けるのが理想です。さらに上位の特化型採掘艦をT2採掘艦と言ったりするので、対比してT1採掘艦というカプセラもいますね。

 [ベンチャー]と比べると効率が倍くらいになるので採掘がより楽しくなりますよ。

採掘艦に乗る前に

 これは特に初心者に向けたメッセージになります。採掘艦に乗るには前提要件も含めると約1カ月のスキルトレーニングが必要になります。その間、採掘しかできないのは辛いものがあるので、他にやってみたい事がないかよく考えてからトレーニングを始めてくださいね。サブアカで採掘するのもおすすめです。 

 また、採掘艦に乗る前にカミカゼについては必ず知っておきましょう。

レトリーバー

 レトリーバーは採掘初心者が[ベンチャー]から乗り換えるのにオススメです。採掘艦の中で最も鉱石ホールドが広いので、ソロで放置気味に採掘するのに使い勝手が良いです。反面、ミッドスロットが1つで防御のあげようがなく、カミカゼに気を付けないと確実に撃沈されてしまうリスクがあります。レトリーバーはehp(実行ヒットポイント)が11,000と脆すぎるので0.8以上のSS(ソーラーシステム)で運用するのが理想です。

 アルファクローンで運用されるカタリストだとDPS350程度はあります。そして0.7以下だとCONCORDの到着が攻撃をうけてから10秒以上あとになるため、[カタリスト]が3隻来たら撃墜されます。もはやこれを落とせないカミカゼなんてカミカゼじゃない。

 参考Fitはこんな感じです。どうせ脆すぎるので防御は捨てています。放置気味に採掘するなら安全なシステムに行ってくださいね。フリート採掘ならミッドスロットは[サーベイスキャナーⅠ]にしても良いですね。スキルが足りなければ採掘レーザー強化はT1にしましょう。その場合リグは不要になると思います。

 効率でいうと計算上はベンチャーに対して189%になります。ここに採掘ドローンが入るともう少し上がりますね。

参考Fit:
[Retriever, Retriever Basic]
Mining Laser Upgrade II
Mining Laser Upgrade II
Mining Laser Upgrade II
5MN Y-T8 Compact Microwarpdrive
Strip Miner I
Strip Miner I
Medium Processor Overclocking Unit I
(太字部分をコピー → ゲーム内[装備パネル]の左下[クリップボードからインポート])

参考価格:Retriever - EVEMarketer

プロキュアラー

 脆すぎる[レトリーバー]に対して、効率と鉱石ホールドを引き換えにしてシールドヒットポイントを強化したのが[プロキュアラー]です。こちらは参考Fitでehpが61,000を超えてなかなかに固いです。0.5のシステムでカミカゼされても[カタリスト]9隻くらいまで、さらに1.0のシステムなら29隻まで耐えられるハズですw

 放置で掘るならこっちでもいいかもですね。ただし、カミカゼ屋さんもそれくらいは把握しているので[プロキュアラー]を落とすために0.5のシステムには[カタリスト]を10隻以上連れてくるのでくれぐれも注意しましょう。採掘効率は採掘艦の中で最も悪いですが、バランスは最も取れているので愛用者も多いです。

 効率でいうと参考Fitで計算上はベンチャーに対して159%になります。ここに採掘ドローンが入るともう少し上がります。

参考Fit:
[Procurer, Procurer Basic]
Damage Control II
Mining Laser Upgrade II
Multispectrum Shield Hardener II
Kinetic Shield Hardener II
Thermal Shield Hardener II
Medium Shield Extender II
Strip Miner I
Strip Miner I
Medium Thermal Shield Reinforcer II
Medium Kinetic Shield Reinforcer II
Medium EM Shield Reinforcer II
(太字部分をコピー → ゲーム内[装備パネル]の左下[クリップボードからインポート])

参考価格:Procurer - EVEMarketer

コベトアー

 最後に紹介するのは採掘艦の中で最も時給があがる[コベトアー]です。採掘艦の中で最も効率が良い代わりに鉱石ホールドは最小で、[レトリーバー]よりさらに脆いという時給しか考えてない艦船です。お金の事しか考えられないカプセラはこれを使いましょう。参考Fitでehpは7,500…紙です。ペラッペラです。0.5のシステムだと[カタリスト]2隻で死にます。とは言え、コベトアーを使う採掘屋は第三の目でローカルを絶えず監視しているので問題ではありません。[オルカ]のお供に使われたり、[ミアスモス]と併用して運用するのが定番です。

 効率でいうと参考Fitで計算上はベンチャーに対して252%になります。ここに採掘ドローンが入るともう少し上がります。

参考Fit:
[Covetor, Covetor Basic]
Mining Laser Upgrade II
Mining Laser Upgrade II
Mining Laser Upgrade II
5MN Y-T8 Compact Microwarpdrive
Strip Miner I
Strip Miner I
(太字部分をコピー → ゲーム内[装備パネル]の左下[クリップボードからインポート])

参考価格:Covetor - EVEMarketer

まとめ

 まとめると3種の採掘艦は下表のような特徴を持ちます。あなたの採掘ライフに合わせて、採掘艦を選んでみてくださいね。

  レトリーバー プロキュアラー コベトアー
鉱石ホールド ×
防御 × ×
採掘効率

  以上です!